渕上建設ロゴ





長崎県佐世保市でオーダーメードの家づくり(注文住宅)をお考えの方は、是非、渕上建設にご相談ください。(問い合わせ先0956-48-6006)

通気断熱WB工法とは

人が住む容器でなく、生き物としての家

日本建築の伝統を引き継ぐ技術と現代の最新の技術を組み合わせた進化した木造在来工法が、『通気断熱WB工法』です。

家をたんなる人が住む容器としてではなく、生き物としてとらえるのが、WB工法の考え方です。


木を使った家でも、その周りを合板パネルやビニールなどで覆ってしまっては、木は息をすることができません。
その結果、結露や家中にこもった湿気によって蒸れ腐れという現象を起こしてしまいます。
これが家の寿命を縮めてしまうのはご存知と思います。

本来、木は強いもので多少濡れても通気がよく呼吸ができれば蒸れ腐ることはないのです。

家に暖かさを求めて、安易な高気密化を進めることが問題であると考えられます。

そこで健康住宅は、伝統の建築文化に学び、知恵を出し、現代の生活様式にあった蒸れ腐れのない家を実現しなくてはならないと努力してきたのです。

WB工法-通気断熱工法



通気断熱WB工法とは

卵に学んだWB工法

人息をする家

木の家は、生き物としてとらえる理由として、木には最適な湿度を保つ調湿機能がそなわっていることがあげられます。

木は呼吸することで湿度を吸収し、反対に周りの空気が乾燥してくると水分を放出してくれます。
この調湿機能は、柱1本でビール瓶7本分もの水分を吸放出してしまうほど高性能なのです。


一方、人間はそこにいるだけで多くの水分を発散しています。
家の中で考えると、洗濯や風呂、炊事など生活の中からも水分が放出されています。

4人家族の場合、1日に約6リットルの水分が放出されており、家の中は湿気がいっぱいということになります。
この湿気をいかに外に出すかが、家づくりの重大な課題なのです。


WB工法は、卵に学びました。
卵は、殻にある無数の気孔から水分や炭酸ガスを発散する呼吸しています。
また、殻と内側にある膜の間のある空気層が、呼吸をスムーズにする働きをしているのです。


息をする家人が生活する家では、壁が湿気を吸い、木材に適度なうるおいを与え、余分な湿気を家の外に排出することが必要と考えたのです。
また、排出するのは湿気ばかりでなく、こもりやすい臭いや有害な化学物質もいっしょに放出してしまうことができればと考えました。

そこで、WB工法では壁材に透湿材を採用すること。
また、部屋の壁と断熱材の間に通気層を設けることがポイントになったのです。


これによって、室内で発生した余分な湿気は壁を通し、通気層へ排出され、家の外へ抜けていくという構造が出来上がったのです。
つまり家中で、穏やかな換気をしている状態になり、有害な化学物質対策や結露対策にも極めて有効ということが、繰り返し行った実験と研究結果から明らかになったのです。

WB工法-通気断熱工法



通気断熱WB工法とは

形状記憶合金式自動開閉装置

着替える家

人間は寒くなれば重ね着をし、暑くなれば薄着になることで寒さや暑さをコントロールしています。
冬の寒い日はセーターやコートなどを重ねて保温層を作ることで暖かさを保つのです。
夏の暑い日には、衣類を脱ぎ風通しを良くすることで暑さをしのぎますよね。
このように、健康住宅が自然に行っている生活の知恵を家づくりに取り組んで室内の温度や湿度を調整して、快適な環境をつくり出したのが『通気断熱WB工法』なのです。


この衣類の着脱に該当するのが、WB工法の特許技術である「形状記憶式自動開閉装置」です。
これは、一度変形しても温度を加えることにより元の形状に戻るという形状記憶合金の特性を利用した装置で、温度を感知することにより換気口を自動的に開閉するというものです。


夏の暑い日には換気口に設置した自動開閉装置が開き、人が衣服を脱いだ状態になります。
壁の中の通気層が冷却層の働きをして、部屋の中は外気温に直接暖められないで涼しさを保つというしくみです。


冬の寒い日には換気口が自動的に閉まり、人が重ね着をした状態と同様にします。

壁の中の通気層が保温層になり、部屋は外気の冷気の影響を直接受けないで暖かさを保つのです。


「形状記憶式自動開閉装置」は、屋根の棟、軒の裏、壁内通気路、床下換気口に取り付けますが、計算によりきめ細かく配置します。
このように通気断熱WB工法は、「形状記憶式自動開閉装置」が通気層を制御することによって、家にセーターを着せたり脱がしたりする状態を自然につくるシステムなのです。

WB工法-通気断熱工法



通気断熱WB工法とは

省エネ君ヨドマーズ

流れを生かす家

従来、住宅の省エネルギーといえば、一度暖めた空気や冷やした空気を逃がさず閉じ込めることが最善の方法とされてきました。
そのために徹底的に高気密かを目指すことが省エネの模範解答とされてきたのです。
ここにきて高気密化住宅には多くの弊害が起こってきたのも周知の通りです。
そして、これらの対策として換気設備が必要になり、機械換気ともなれば余計な電気代がかかり、省エネとは言えなくなると思うのです。


省エネ君ヨドマーズWB工法では、この問題を解決するために、気流の制御に着目しました。


一般的に暖かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に下がります。
天井付近と床ではかなりの温度差が生じ、暖房時には足元が寒い、冷房時には足元が冷えすぎてしまうという経験はどなたでもあることでしょう。
例えば、足元まで温めようとすると、必要以上に室温を上げることになり光熱費もかかってしまいます。
部屋全体を快適な温度にするのはなかなか難しいことなのです。


WB工法では、室内の空気を穏やかに対流させて、空気のよどみや天井付近と床の温度差を解消し、省エネを実現しました。
家中に効果を及ぼす室内対扇と各部屋に効果のある室内空気循環装置「省エネ君ヨドマーズ」です。


「省エネ君ヨドマーズ」は天井部より壁に沿って気流を発生させ、床部の空気を吸い上げ、穏やかな対流を起こさせます。
これにより、天井付近と床の温度差が解消され、部屋の隅々まで空気を対流させるしくみです。
光熱費の削減ばかりか、よどんだ空気がなくなり、結露、カビなどを抑える効果が実証されています。
一般の対流装置のように風邪を直接感じることなく、風音もありません。
クリーンな空気で快適な温度を保つ、通気断熱WB工法だから可能になりました。


WB工法-通気断熱工法



通気断熱WB工法とは

お問い合わせ

長崎県佐世保市母ヶ浦町2000-16
電話 : 0956-48-6006

お気軽にお電話ください。

ご相談・敷地調査・ヒアリング・プレゼンテーションまでは無料でご提案。

お客様のその想いを受け止めて
お問い合わせ
二人三脚の共同作業によって造り出される家づくりを目指しています。

新築・建て替え、リフォームやインテリアについての疑問や不安をお持ちの方は、まずは住まいづくりの渕上建設に相談を。
お客様にあった計画を見つけるために、依頼先の探し方や仕上げ材の選び方、資金のことまで渕上建設が親身におこたえします。